やーとこせーってなに?

  全国伊勢音頭連絡協議会の会報「彌長久(やーとこせー)」について紹介します。会報「彌長久」は、平成12年10月に創刊されました。

 会報発行にあたって、まず会報の名称を決めました。伊勢音頭にちなんでおり、特徴があって、イメージが想像できる名称を考えようと云うことで、会報編集メンバーがそれぞれ意見を出し合い「彌長久」と決定しました。しかし、この漢字を読める人はどれほどいるだろうかと疑問がわいてきます。おそらく伊勢音頭の歌詞をみていない人は「ヤチョウキュウー」と読むだろうことは想像できます。この名称には何と読むのだろうというねらいもあるが、やはり覚えてもらうことが一番です。(そのため第2号からはふりがなを付けました。)

 伊勢音頭の魅力をわかりやすく多くの人に伝えたいという面ではメンバーの意見は一致していて、題材については事欠かないぐらいそろっています。日頃の研究成果を披露し、他にまねのできないようなものにしていきたいと考えています。

構成は次のようになっています。
 ◆1面は里帰り伊勢音頭全国大会等の行事を掲載し、会の活動を紹介します。
 ◆2面は連載ものとして、「伊勢音頭学」、「伊勢音頭ものしり事典」のコーナーで、伊勢音頭の歴史、伊勢音頭に関する調査研究内容を分かりやすく紹介します。また伊勢音頭を訪ねてのコーナーでは、全国各地を訪れ、伊勢音頭の流れをくむ唄を紀行文とともに紹介します。

 1面、2面とも背景に踊り子の影絵を施し、伊勢音頭を感じてもらえるようになっています。
 会報「彌長久」は、年2回(1月と7月)の発行をめざしています。


  全国伊勢音頭連絡協議会
彌長久編集長 上之郷 賢二