長峯とは、外宮、内宮との参宮街道の中間にあり、尾部坂(現在の間の山)から宇治に入る牛谷坂の山頂部に尾根伝いであり、長い峰が続いていることから長峯と呼び慣らされたものである。
 その中でも、山頂部が神社付近にあたり、十返舎一九の著した東海道中膝栗毛の弥次・喜太伊勢参宮の中に、「寒風と呼ぶ名所」とされており、当時をしのぶ古老松の大木が境内に美事な樹影をなげかけており、いかにも長峯一帯の産土神(うぶすなさま)の鎮座地としてふさわしい地である。
町並みが形成されたのは徳川時代の初期とも言われるが、それより急速に発達して、全国からお伊勢参りの旅人の休憩の旅篭と共に、花街として栄華を極めてきたのでありました。


御    祭    神

主 祭 神  天 鈿 女 命

天   鈿   女   命
アメノウズメノミコト

天鈿女命(あめのうずめのみこと)は、天照大御神が天岩戸に、お隠れになった時に、岩戸の前で舞ったことにより、これが神前にて神楽を奉る最初となりました。然して、天鈿 女 命は爾来芸能の祖神(おやがみ)として崇められることになったのです。
現在でも、芸道の守護神として、女優や俳優などが、お参りに訪れることも多くあります。
別名を於須女(おすめ)と呼ばれることから、「おすめさん」と親しんでいます。また、宮比(みやび)神ともいわれ、宮比神の神霊を信仰しています。

木 花 開 耶 姫 命
コノハナサクヤヒメノミコト
天津彦火瓊々杵命
アマツヒコニニギノミコト
宇 迦 之 御 魂 命
ウカノミタマシイノミコト
春  日  大  神
カスガオオカミ
八  比 古 神
八  比 賣 神
久  那  戸  神
クナトカミ
菅  原  道  真  公
スガワラミチザネコウ

 

この日は、滝川さんに宮司さん達?の勉強会にご一緒させてもらい、長峯神社の宮司さんにお話を聞くことができました。
古事記によると天細女命は猿田彦の奥さんである、ということや、長峯神社は芸能の神様として有名なので、俳優さんや女優さんなどがお参りに来るということや、地元の人が「おすめさん」と呼ぶというお話とおすめさんというのは天細女命単独の呼び方ではなく、長峯神社にまつられている神様たちを総じた愛称である、等々いろいろお話を聞かせていただきました。


Indexへ