伊勢音頭概要
1
伊勢音頭の名称について
2
伊勢音頭の一考察
3
全国伊勢音頭連絡協議会
4
里帰り伊勢音頭全国大会

1、伊勢音頭の名称について

外宮その昔、伊勢信仰は御師により全国に布教されていた。江戸時代に入ってからは、この御師達や全国から伊勢参宮をした人々によって、この地方で唄われていた木遣唄、祝儀唄、道中唄、盆踊り唄、座敷唄等が各地に持ちこまれた。人々はこれらの唄にせめて一生に一度でも参りたいと憧れていた伊勢の地名をつけて、『伊勢音頭』と呼ぶようになったと思われる。
ゆえに、現在使われている伊勢音頭の名称、また発生について、この記述の混乱を整理する必要があると思われる。


上へ
2、伊勢音頭の一考察
まず伊勢音頭を狭義の伊勢音頭、広義の伊勢音頭の二種類に分類することができます。狭義の伊勢音頭は、歌詞はともかく合手の囃子に伊勢木遣の囃子と同じ「彌長久 世怡彌成 安楽楽 是者伊勢 善所伊勢」(やとこせ よいやな あらら これはいせ よいとこいせ)が付いているもの、また、これに近い囃子詞で唄われているいるものと規定する。
広義の伊勢音頭は、狭義の伊勢音頭を含み、相の山節、伊勢踊り、河崎音頭、古市音頭、そしてそれらが伊勢の地より離れ各地で普及し、伊勢節や伊勢音頭かつ又願人節踊りと別名で呼ばれ土着したものを広義の伊勢音頭と規定する。

上へ

3、全国伊勢音頭連絡協議会
伊勢音頭勉強会にて 平成5年月1日に全国の伊勢音頭の保存・伝承・交流そして資料等を展示する施設の建設を目的に発足した。 活動として、全国に広がっている伊勢音頭あるいは伊勢音頭より派生した唄等の情報収集および里帰り伊勢音頭全国大会を開催している。

上へ

4、里帰り伊勢音頭全国大会
全国に伝わっている伊勢音頭あるいは伊勢音頭より派生した唄等を全国的に伝承し保存するとともに「心のふる里・伊勢」で「里帰り伊勢音頭全国大会」を開催し発展的交流を図り、保存と継承をはかることを目的とし、新たなる出会いと交流を深め貴重な思い出を持ち帰り、日本の歴史と文化並びに、地域の活性化に影響力を与えることを願って開催している。

上へ

伊勢音頭を映像で見てみよう

『古調伊勢音頭』
伊勢音頭の会
(C)全国伊勢音頭連絡協議会

MPG<1分10秒>

リアルオーディオ<1分10秒>

11MBほど有るのでダウンロードに時間がかかります。 モデム接続の方 ISDN接続の方 ケーブル接続の方
リアルオーディオプレイヤーをお持ちでない方

 



indexへ