/場所/高砂山願念坊祭保存会について/歴史/内容/聞いてみよう/歌詞/

富山県は、日本のほぼ中央の日本海側に位置し、新潟県、長野県、岐阜県、石川県と接しています。
高砂山願念坊祭が行われる大沢野町は、中南部に位置し、南側は岐阜に隣り合わせています。


毎年四月に行われる願念坊祭で踊りを披露しています。小学校五年生が中心となって踊りの練習をしています。

この願念坊踊りの由来は、戦国時代(1578)、織田信長が石山本願寺 (現在の大阪城)を攻めた時に越中の僧俗たちが、石山を助けにいったところ、当時 の天皇の命令により、和解となったので、平和到来を喜んで、僧俗が踊ったのが起こ りといわれ、400年以上の歴史があります。高砂願念坊祭りは、この願念坊踊りと安永年間(1775)に誕生した約200年の歴史をきざむ曳山から成り、大久保の歴史とともに生まれ育った民俗芸能です。

願念坊踊りは笛・尺八・太鼓・三味線の 音頭にあわせ、手踊り、たすき踊り、小さな四ツ竹を鳴らす竹踊りがあります。
白い着物に赤い袴や、春を思わせるような黄色と萌葱色の着物など、とてもかわいらしい衣装で子供達が踊ります。

『願念坊踊り唄を聞いてみよう』
願念坊踊り唄リアルオーディオ(706k) 高砂山願念坊祭保存会
1999@里帰り伊勢音頭全国大会



高砂山願念坊祭を見てみよう
リアルオーディオ
 

『願念坊踊り唄』

前囃子
ハ ヨイヤサノサー コラショ
1.飛騨とナー(ヨイヤサノサー コラショ)
越中を取りもちなさる(ヨヤノショ)
清き流れの ヤンレ 神通川(ヨイヤショ)
囃子
アリャドッコイ コリャアリャ ヤツトコオコオ
セェーノオオオ ヨーイイヤナ アリャ
アリャ リヤンノオ コーレワイノサー 
サアサ ナンデ エモセーエエ

2.梅とナー(ヨイヤサノサーコラショ)
桜を両手に持てば(ヨイヤショ)
どれが梅やら ヤンレ 桜やら(ヨイヤショ)
囃子

3.俺がナー(ヨイヤサノサー コラショ)
お国でめでたい踊り(ヨイヤショ)
衣がえしの ヤンレ 願念坊(ヨイヤショ)
囃子

4.宿場のナー
おなごの長袖よりも
ほんに長いは ヤンレ 大久保よ

5.馬はナー
六歳七ツはさかり
人は二十一 ヤンレ 二はさかり

6.俺がナー
思いを願いに込めて
四ツ竹鳴らして ヤンレ 踊りぬく

7.街道ナー
上り下りは黄金の波よ
米のなる木で ヤンレ お辞儀する

8.伊勢はナー
津でもつ 津は伊勢でもつ
尾張名古屋は ヤンレ 城でもつ

9.伊勢のナー
桑名で この子が出来た
御名は伊勢松 ヤンレ 桑の助

10.お伊勢参りは みの着て参れ
七里奥山 ヤンレ 霧が降る

11.さまよぅ 願念 衣装が違う
すみの衣に ヤンレ すみの袈裟

 

HOME


 
この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、
info@iseondo.gr.jpまでメールでお送りいただくか掲示板に書き込んで下さい。
Copyright (C) 1999-2003 全国伊勢音頭連絡協議会
最終更新日 : 03/02/27